新宿 J

2007-2-20

大井貴司(vib) 吉岡秀晃(p) 谷口雅彦(b) & ほんごさとこ(vo)

今晩のライブはタモリが宣伝部長を務めているということで有名な新宿のジャズスポットJで、大井貴司トリオとしての出演です。ゲストは実力派ボーカリストほんごさとこ。

ここには壁面がギャラリーになっていて今週の展示は先日ここで誕生日ライブを開いた田村セツコさんの絵画です。そしてなんとその田村セツコさんもお客さんとしておいででした。今回は絵画以外に立体芸術も展示されています。

演奏はゆっくりと始まりました。そして曲が進むにつれてどんどん白熱。筆者が知っている曲から大井貴司のオリジナルまで盛りだくさんで大いに楽しませてもらいお酒もどんどん進みました。だからライブはやめられない。


広いスペースで演奏中の大井貴司のドラムレスのトリオ


大井貴司、後半のセットでスターダストを演奏したのですがバイブに合っている曲でとてもいい演奏でした。ジョンルイスに捧げるオリジナル曲もすばらしかったです。


吉岡秀晃はソロもたっぷりあり吉岡ワールドを十分に堪能させていただきました。ルパン三世のテーマは燃えましたね、筋違えるんじゃないかと思うくらいの渾身の演奏でした。もちろん他の曲も燃えに燃えました。


ブランニューのベースを力強く弾く谷口雅彦、バーチュオーソの貫禄です


セットの後半はほんごさとこのボーカル。情感たっぷりに歌っていました。


Live Report menuへ戻る