Sunday at the Daphne

2005年7月17日

大隈寿男トリオ / 大隈寿男(dr)  吉岡秀晃(p)  古野光昭(b)

On The Road発売記念ツアーということでアルバムに収録されている曲を主体としたライブになりました。

ドラムスのイントロが長めにあったのでどんな曲をやるのかなと期待を持たせましたが、やがてメロディーが始まり私の大好きなBilly Boyだとわかってニヤ。どんな展開になるのかなとわくわくして待つというのは時間制限無しに演奏できる生だからこそですね。

All The Things You Are は大隈寿男がゆっくりやってみようということでアルバムにもスローバージョンがあるのですが当日もゆっくりしたテンポでの演奏でした。まるで別の曲のようにしっとりとした感じで聴くことができました。

Watermelon Manは吉岡のファンキーな味が良く出たすばらしい演奏でした。歯切れのいい大隅寿男のシンバルワークとも相まって思わず体が動いてしまいます。吉岡秀晃は演奏中にイェーイなんていう声を出すときがあるのですが乗っているせいかいつもより声が大きくて回数も多かったような....

古野光昭は曲に応じてアルコとピッキングを使い分けた演奏を展開。力強く弾くせいか白い弓毛 が少しずつ切れてひらひらするのが見えました。ベースの長いソロから始まる曲は思わず目を閉じてしまうほど。

このトリオは長くツアーをしていることもあり非常に気が合った仲間です。演奏の最中に三者がしきりに顔を見合わせたり、古野光昭がおちゃめにベロを出すなど見る楽しさも満点でした。大人のジャズトリオはこれに決まりですね。

終わりに私事で申しわけありませんがセカンドセットの始まりに予想しなかったハッピーバースデーをやっていただけました、しかもジャージーに。生まれて初めて、しかもこんなに素晴らしいトリオでやっていただき感激の極みです。しかもその後の曲にもさりげなくバースデーソングを忍ばせた小粋な演奏。もう死んでもいい!


日曜日の鎌倉 ダフネは着飾った美女から普段着の方までさまざま、後ろの方の席まで超満員でした。終わっても拍手がなりやまずアンコールもありました。


リーダーの大隈寿男。ダンディーですね。トークも素晴らしい。ハイハットで一発ジュジャッていうのかっこよかったです。


飛び跳ねたりのけぞったり渾身の演奏をする吉岡秀晃。 Billy Boyの演奏は鳥肌が立ちました。ピアノは打楽器だったんですね。


ギターのようにウッドベースを弾く古野光昭。テクニックだけでなく歌心ももちろんたっぷり。 アルコのときはフットスイッチを押して音質を変えていました、知らなかった。


控の席にて、左から 古野光昭(b) 吉岡秀晃(pf) 大隈寿男(dr)
CDも沢山買っていただきました。鎌倉のお客さんはすばらしい。 8月12日(金)もまた同じメンバーでやりますのでまたお越しください。


大隈寿男 On The Road 発売記念ツアーのスケジュールはこちらをご覧ください。

Webmaster記

Live Report menuへ戻る