Isam In NY




with Roland Hana and Paul West


写真はNickerbockerというお店に行ったときのものです。 2 StageでなんとMusic Chargeが$5! ピアノトリオやデュオが主でRon Carterなども出演しているそうです。 この日もデュオでスタンダードを中心にリラックスしたムードで聴かせてくれました。 来週はJunior Manceがでるそうなのでまたいくつもりです。

前回はJamilさんの話でほとんど終わってしまったので、 今度はNYのクラブについて少し。 NYは基本的にチャージの安い店が多いです。 それとほとんどの店が週一回、もしくは毎日(!)ジャムセッションを行っています。 日本ではBlue Noteのチャージは来日ミュージシャンだと¥8000くらいしますが、 こちらではカウンターで$15、テーブルでも$25です。安い! これでもこちらの人たちは高いと言います。 確かにDrink minimumだけのお店が多い中でMC$20前後というのは異色なのかもしれません。 ただお店としては当然MCが高い方が儲かるので最近はMCをちゃんと取る店が増えている様です。

写真がないのが残念ですが(動画のアップのしかたをどなたか教えて下さい。笑)先週

Louis Hayes(ds)
Vincent Herring(as)
Jeremy Pelt(tp)
Rick Germanson(p)
Vicente Archer(b)

という顔ぶれのライブを見に行ったSMOKEというお店も週末は$20弱のMC+Drink Minimumでした。 ココは最近人気みたいでNYのBest clubに選ばれた様です。 次の週に

Benny Golson(ts)
Mike LeDonne(p)
Buster Williams(b)
Joe Farnsworth(ds)

というライブを見に行ったときは立ち見になるほどの大盛況でした。 どちらも素晴らしくいいライブでした! Bennyはトークでジャズメッセンジャーズの話などしてくれましたが、 ジョークまじりで楽しかったです。 もちろん演奏も彼自身の曲、Whisper notなど名曲ぞろいでした。 Louis Hayesは"Cannon'ball legacy band"という通り彼が昔キャノンボールとよくやった曲をたくさんやってくれました。ベースも強力でした。


それでは最後におまけを。 僕の借りているアパートの目の前に日本の百円均一ショップそのままの、99セントショップができてとても助かっています。(自炊なのです)下の写真全部で$5弱!ここも大変にぎわっています。

14 Mar. 2002